×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

縮毛矯正 前髪

縮毛矯正は、部分的にかけることも可能。通常部分的にかける場合は前髪にかける場合、伸びてきた部分にかける場合が多いですね。昔の縮毛矯正は部分的にかけると差がはっきりわかりましたが、最近はあまり差が分からないようになってきました。

 

ここで一番気になるデメリットは髪のダメージ。どんなに健康な髪でも縮毛矯正をすると少なからずダメージは受けます。

 

縮毛矯正をする人の中でもそんなにクセが強くない人は無理をして縮毛矯正をかける必要はないし、そんな時こそ前髪だけ等、部分的に縮毛矯正をかける選択をお勧めします。

 

また髪への保湿性を高めたり、トリートメントやヘアケアなど心がけるのも縮毛矯正を持続させたりできる方法の一つです。